FTMの彼とノンケの彼女の気ままブログ。喧嘩もHも濃厚な、ぐっと濃いブログです(*^^*)
2019/10«│ 2019/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2019/12
22:44:29
もっと、優しく語りかけられたら。。と後悔する事が
多々ある。

愛情表現が下手クソなことに、後悔しても仕方ないけど、これじゃ伝わらないよな。と思う事がよくある。

あっけらかんとした奴だから、こんな俺に対して不満をぶつけたり、不満がありそうな態度を示さないでいられるのだろうけど。

ホントはもっと、こうして欲しいとか、こんなふうに言ってほしいとか、きっとあるんだろうな。

何年一緒にいてもクリアできない事が沢山あるような気がする。
もっと側にいたら、もっとわかりあえるのかな?
わかりあえてるから、悩む必要なんてないというふうにはいかないな。
もっと悩むのかな?
距離が近くなっても、なった分だけ離れてる時間に不満が生じるようになるのかな?

スポンサーサイト
[PR]


2019/11/04
10:12:58

いくら時間がなかったとしても、好きなものは続けるものなんだなぁ、、と常日頃思っている。

家事をしながら隙間時間に、映画鑑賞。

↑これやめられないww

「イノセント」

というドラマを観た。

今更ながら、向田邦子は面白いんだなぁとわかった次第です。

で、早速Amazonで向田邦子の本を探しながら、

もしかしたら今の年齢になったから面白く感じられるようになったのかな、、

と思ったり。。

私はきっと感性が拙い。

だから今ごろになってようやく、人がいいというものの意味がわかるようになってきたのかもしれない。

だけど、いいも悪いも他人の尺度じゃなくて、自分の物差しで決められる日がくるといいなぁ、、、と思ったりもする。

食わず嫌いは損だということ。

イノセントは4人の女優さんが主役をした4話のお話。

それぞれに余韻の残るお話だな、と思った。女性ならだれしも似た感覚をもつ瞬間がある。

ん?なんで??、、と思う展開もあったけど、いつか何かの瞬間にふっと腑に落ちたりするのかもしれない


2019/10/14
20:46:24

だいぶご無沙汰してしまいました。

10月にはいり季節は秋なのに暑い日が続いたかと思ったら、また今日はめっきり冷え込んで、ようやく季節が変わったのかなと実感できるようになってきました。

今日は園の運動会の予定でしたが、雨のためまた中止→延期。

ほんとだったら12(土)の予定が台風19号のために延期になり、今日になったのです。

「台風通過できっと翌日は風が残るだろうから、最初から1日あけて14日の開催にします」

ということでしたが、結局今日も雨のため中止。

朝早くから集まって、職員みんなでテント張り万国旗掲げ椅子を並べて用具を準備して、、、子どもも保護者も集まって全員揃ってからの中止発表。

それからまた全員で片付けて、、

なんかね、片付けながら思ったの。

「芯がぶれている人ってのは、人だけでなく森羅万象すべての物事におちょくられるのだなぁ~」

って。

園長のことです。

園長のことだけど、自分の教訓にもしなければいけないなぁ。

「出会えた人、

出会ってしまった人、

それぞれに意味がある。その出会いから何を学ぶか、何に気づくかが大事なんだ」

とは愼が言っていた言葉。

昨日はライブハウスに行ってきました。

愼が大好きな、TRICERATOPSのボーカル和田唱のソロツアー。

初日ということで、いったいぜんたいどんな曲をやってくれるのか、想像もつかずに向かいました。

ライブハウスというのは良いですね。

あの狭さとかなんとなく漂う退廃的な雰囲気とかww

相変わらず和田唱は面白く、曲もよかった。

「僕らの一歩」は、イントロが流れたら愼は感動して思わず唸っていたけれど、

あの歌詞を改めて聞いたら私もグッときた。

私もグッと来てたことに、愼は気づいたかなぁ~

昨日は愼と色んな話ができた。

なんだか、、

久しぶりにちゃんと話をしたように感じた。

自分のことなのに、愼に言われて、

あ、そーかそういうことか、、

とちゃんと言葉で認識したというか。。

だから、とてもいい時間だった。

帰りがけ愼が、

「もっと瑞の気持ちを聞きたかったな」

と言ってきて、わたしは、

「そう?けっこう話したけどなぁ」

と答えたけれど、あとから考えたら

そうだなちゃんともっと話さなくちゃいけなかったな、と思った。

次に会えるのは土曜日。

運動会の関係でどんな状態で会えるかわからないけど、

きちんとまた話そう。


14:20:00
7月13,14日と連続で瑞と会っていた。 13日は朝から1日デート。 気分的にも滅入っていたことが続いていたりしたし、横浜へ行ったり楽しみはあったけれど、なんとなくイベントがあるからという理由で出かけてるだけで、ふたりの間には、これがマンネリっていうのかな?っていう感じがあった。 少し気分を変えて。。。。と、ケーキ好きなふたりには、いつもの地域のケーキは、いつも同じ店で、たまには変化をもたらしたいなと、新しい店を検索した。 割と良さそうな店を見つけて提案すると、瑞はとても喜んで楽しみにしてくれていた。
当日、まずはそこへ行って店内で食べることにした。 15634229640.jpeg15634229430.jpeg
とてもお洒落な店内で久しぶりに大好きなアールグレイを飲みながら。なんの話をしていたかな?瑞も大好きなチャイを飲んでいた。
ケーキの味もすごく気に入ったが、プリンの硬さ加減が最高にうれしかった。
このくらい硬めが好き。
こういう空間で時間を過ごすと、あっという間に時は流れ、開店早々に入店したにもかかわらず、気が付けば12時になってしまっていた。
14日は私が仕事であることもあって、また瑞を美容院に送迎しつつ、私は仕事に・・・
仕事終了と時間を併せて、瑞も美容院が終わりの時間に迎えに行く。
その後、いつものマッサージを受けたり、食事をして帰る時間になってしまったのだけど。。。

14日を最後に、3週間のお別れがきました。
理由は、瑞の試験が週末に入っていること。二週連続で土日に行われるらしい。
けれど、ちょっと不穏な空気が流れていた時間もあったので、この会えない時間というのは、少し離れてみたほうがいいという風にも受け取れるタイミングでした。
13日の帰りに、ふたりのことをよく考えてほしいという以前出した宿題についても話をしていたのだけど、瑞は別に恋愛対象として見たい相手が私以外にいるわけではなく、私もいるわけではなく。
別れる気はないという結論になっているけれど、いまひとつ先のことも考えての発言が切り出せないのは、やっぱり「瑞にとって私じゃなくてもいいんじゃないのか」という部分が消せないからかな。
でも、それは瑞も同じように、私が瑞でなくてもいいんじゃないのか?という不安を持っているのかなとも思う。

3週間。。。。
5年の交際期間にこれだけ顔を見なかったという長い空間は出したことがなかった。
今回は、その瑞の試験に没頭してもらわなくてはいけない。
一発合格しろよ!と言ったのだから。一発合格しなかったら、3か月会わない!と脅した。
ふたりのことを考えるなんていう余裕はないだろうな。
会えなくても平気になってしまうかもしれないし、会えない寂しさが中毒化するかもしれないし。
会えなくても平気だった。。。という結論に、もしも達してしまったら、そこに今回の答えがあったということになってしまうんだろうな。
8月の最初のデートで、明暗ははっきりするのだろう。


22:26:36
「ついに呆れられるまで 直らないほど馬鹿なのに 君に嫌われた後で僕は僕を
好きでいられるほど阿呆じゃなかった」

自分が自分の付き合い方を完璧だと思うわけではないけれど、自分にはこんな付き合い方しかできないので、瑞がほかの人が良ければおとなしく身を引くしか、方法はないんです。
5年というのは長いのか短いのかわからないけど、やっぱり誰もが思い願うように、私も同じように、私のことをしっかり見ていてくれる人がいいなと、それは若いころからなにも変わってなかった気がします。日常がすこぶる安定した日々を送る一方で、瑞との関係は浮き沈みが激しく、それを好きだという感情があるが故の波なんだろうと思ってきたけれど、1つ1つ噛み砕いて振り返れば、私が一方的に噛みつき怒りをぶつけていて、しかしそのぶつけたボールはど真ん中に送り返されることがなかった。
変な占い師はこう言った。「彼女は大人なんです。あなたが子供過ぎるんです」あ、、、だめだ、この占い師、全然視えてない。金出して話を聞いてもらうような人じゃなかったな。。。とすぐに終了させたことがある。
瑞は自分だけが楽しく気分よければそれでいいだけ。私がどんな思いをしているか、そんなことは眼中にないだけのこと。相手に振り回されない気持ちの強さというのは私のほうがかなり強く、瑞は人の意見にどんどん流される。そういう流され変わりやすい心の部分に私は常に不安を感じているんだ。
そして、直球を投げたことに対する、返してはもらえないことが私の心の闇を深くしているのだと。
だから何度も同じことを繰り返す関係なんだろう。
大人だとか子供だとか、そんなことじゃなく、思いやりなんだということ。
相手に不快な思いをさせているのではないか?どうしたのか?なにかあったのかな?なにか嫌な思いをさせるようなことをしてしまって傷つけたかな?など、誰よりも特別な相手にだけは、そこはしっかりアンテナを張って心の動きを観察すべきではないだろうか?
そういうことが面倒だというのなら、恋愛なんかするべきじゃない。守られることばかり望んで、守ることをしないような人間には、恋愛などする資格もない。
求めるだけ求め、与えることができないような人間なら、恋愛よりも先に学ぶことがあるはず。

多くを求めすぎてるのかな?と思ったとき、もう求めるのはやめようと思ったことがある。
しかし、なにも求めるものがないんであれば、その人が相手でなくてはならない理由もなくなるんだなと思った。

今夜も瑞はご機嫌で、なにも考えてないなってことが感じられる。
いつも取り残されてひとりきりな気持ちでいるのは、自分だけ・・・ってことか。
ホントは今夜も今日の職場での悪口でも言いたいんだろうけど、またぶつぶつ言われるだけだと押さえているのが本当のところかもしれない。

「どうして あぁ どうしてだろう 元から形を持たないのに あぁ心が あぁ繋がりが壊れるのは・・・・」

もう壊れてるのかもね。。。。馴れ合いで離れないだけ?

ズバッと、ほかに好きな人ができた。とでも、どちらかが言い出したら、楽になるのかな?
楽しい話だけをすればいいと、勘違いして一生懸命楽しい展開に持っていこうとしているのかもしれないけど、そうじゃない。
私がほしいのはそういう「楽しい話」じゃない。
納得していないことが山積みになっていて、自分が取り残されてることを痛くなってきたこと。
解消してくれと叫んでる想いに気づいてほしいだけ。

「なにを言えば納得してくれるのかわからない」
瑞の答えはきっとそんなものだろう。

求めても無駄ってことかな・・・結論として言うならば。。。


プロフィール

愼

Author:愼
愼(しん)
FTM(性同一性障害=戸籍女性)

趣味嗜好:LIVE参加 寝る エロ

瑞(たま)
愼の彼女 
趣味嗜好:犬と遊ぶ 虫の観察 甘いものには目がない デンマ
特技:愼を怒らせること エロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
55224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
6708位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
special Thanks!
フリーエリア